東京皮膚科・形成外科/美容外科・美容皮膚科

 美容外科・美容皮膚科-大阪 池田クリニック

美容外科・美容皮膚科・レーザー脱毛 / 各種健康保険取扱

美容外科・美容皮膚科/大阪池田クリニック
美容外科・美容皮膚科/銀座 いけだクリニック
東京皮膚科・形成外科/美容外科・美容皮膚科 

トップページ > 診療内容 > ケミカルピーリング

美容皮膚科・ニキビ・ニキビ跡/東京皮膚科・形成外科

美容皮膚科・ケミカルピーリング/東京皮膚科・形成外科

美容皮膚科・ニキビ・ニキビ跡/東京皮膚科・形成外科

 

出来たにきびを治す、という治療ではにきびの赤みがおさまる前に

新たなにきびが出来るため、結局美肌にはなりません。

ピーリングなどで新しいにきびが出来ないようにする、

という治療が美肌への早道です。

 

にきびに悩む患者様は非常に多く、その悩みは他人からは

想像もつかないほど深刻なこともあります。にきびとは

皮膚の中の皮脂腺から分泌される脂分が毛穴の出口で詰まった状態のことで、

同じように見えるにきびでも、脂性肌によるにきび、乾燥肌によるにきび、

ホルモンによって出てくるにきび、大人になってからのにきびなど

年齢や体質によってさまざまなタイプのものがあります。

美容皮膚科・ケミカルピーリング/東京皮膚科・形成外科

 

ピーリング  : ¥3,500 /1回

イオン導入  : ¥5,000 /1回

レーザー   : ¥4,000 /両ほほ

 

美容皮膚科・クリニック方針/東京皮膚科・形成外科

≫にきび・にきびあと

当クリニックではニキビの状態や患者様のご希望に応じて、レーザー治療・ケミカルピーリング・

イオン導入・レチノイン酸・内服薬など種々の治療法を提供しています。

症状に応じてクリニックでできる治療とお家でできる治療を組み合わせることも可能です。

また同時に正しいお肌の手入れ法の指導も行っています。

それぞれの治療方法の特徴は以下の通りです。

 

にきび・にきびあと⇒ピーリング

皮膚表面の古い角質層を取り去り、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を

促進することでにきびを改善していきます。定期的に継続することで

トラブルの少ない皮膚に変化してゆきます。

 

にきび・にきびあと⇒イオン導入

皮膚に微弱な電流を流すことでイオン化した薬液を普段の

スキンケアでは不可能な皮膚の深部に浸透させる治療です。

 

肌全体のくすみを取り、炎症を抑えます。主な適用はにきびの炎症後のしみです。

ピーリングと併用することで一層の相乗効果が得られます。

≫にきび・にきびあと⇒レーザー治療

クスミやざらつきの原因になる古い角質を飛ばし、肌を活性化します。

その結果、肌本来のうるおい成分であるコラーゲンの再生を高め、

皮膚のハリ、小じわ、ニキビの改善をもたらします。

トラブルの少ない皮膚に変化してゆきます。

また毛穴の中でつまったにきび菌をレーザーで殺菌します。

ピーリングやレチノイン酸などのお薬と併用することで、相乗効果も期待できます。

 

≫にきび・にきびあと⇒レチノイン酸

ビタミンAの誘導体であるレチノイン酸には、皮膚を若返らせる効果があります。

通常、30日〜40日周期で表皮の細胞は生まれ変わりますが、レチノイン酸を塗ると

肌の新陳代謝が活発になり、この周期が20日程度に早くなり、新しい細胞が

どんどん出てきて、生まれ変わったようになります。

その結果、しみやくすみなどの改善がみられ、また皮膚に張りが出てきて、しわが少なくなります。

にきびに対しては、皮フの皮脂腺を萎縮させ、皮脂腺の機能を低下させるとともに、

毛穴に蓋をしている角質をはがれやすくすることによって、にきびを治していきます。

レチノイド(ビタミンAの誘導体の総称)は非常に有効なにきび治療薬として、

欧米ではにきび治療の第一選択薬となっています。

 

≫にきび・にきびあと⇒内服薬

ニキビ対策に効果があるビタミン類を中心に、患者様の症状に適した内服薬を調合致します。

 

東京皮膚科・形成外科 ご予約 0725-44-4481

>>> このページのトップへ

東京皮膚科・東京形成外科 ご予約 0120-251-901

 

 

池田クリニック 大阪府和泉市葛の葉町60−11 (JR阪和線 北信太駅徒歩1分) ご予約・お問い合せ:0725-44-4481
Copyright (c) 池田クリニック All Rights Reserved.

トップページクリニックINFO.クリニック所在地診療内容オンライン予約サイトマップリンク東京皮膚科・形成外科